スマートフォン版で表示

目指すべき人との出会いとスキルをより高められる環境が、私をもっと成長させてくれる。

目指すべき人との出会いとスキルをより高められる環境が、私をもっと成長させてくれる。

h_interview_kn

KINGDOM NOTE営業部
2019年入社

A.F.

応募のきっかけ、入社を決めた理由

  • ―シュッピンへの応募の動機を教えてください

    こちらに入社するまで、私はアパレルやラグジュアリーブランドなどで販売の仕事をしてきました。途中新たなスキルを身につけたいと思い、事務への転職を考えたこともありましたが、やっぱり自分は販売が好きだと気づき、自分の接客スキルをもっと活かしたいと思っていました。そんなときに見つけたのがKINGDOM NOTEの募集。筆記具の知識はほとんどありませんでしたが、求人に「知識がなくても接客が好きなら大丈夫」と記載があったので応募を決めました。

  • ―知識のない商材へのチャレンジで不安はありませんでしたか

    私は学生時代にずっと書道をしていました。自分を形成する上で“書く”というのは大きなテーマで、それが筆記具を扱うKINGDOM NOTEのサービスと合致したことも入社を決めた理由のひとつです。それに筆記具自体も眺めたりするのは好きで、もともと興味のある分野でした。実際に働き始めてもトレーナーの方を中心にみなさんから丁寧にサポートしていただいたので、不安を感じたことはありませんね。

  • ―入社前のKINGDOM NOTEの印象はどうでしたか

    実は求人を見つけるまで知らなかったんですが、興味を持って調べてみると、実店舗だけでなくECサイトも展開していることを知って。培ってきた経験を活かせる販売だけでなく、他の分野でも成長できる会社だなという期待感を持てましたね。入社して筆記具好きの方たちからとても信頼されているブランドだと知り、今ではその知名度に驚いています。

  • ②IMG_4679(400×300)

現在の業務内容と、仕事で大切にしていること

  • ―入社して数カ月ですが、今はどのような仕事を担当していますか

    KINGDOM NOTEの店舗において、筆記具の販売や買取、売り場のディスプレイなどの業務を担当しています。入社時からトレーナーの方がついて、業務や商品知識など丁寧にサポートしてくれました。その方だけでなく、ここで働く先輩たちは本当に万年筆を始めとするペンの知識が豊富で、一緒に働いたり話したりしているだけで、自然と知識も身に付いていってしまうんです。また詳しいお客様から、逆に私に教えてもらうこともあって、知識を吸収するにはとてもいい環境です。そのなかでどんどん成長できている今がとても楽しいですね。

  • ―仕事をするうえで大切にしていることを教えてください

    中古品の販売も行っているKINGDOM NOTEでは、それをご購入されるお客様から信頼していただくことが大切です。ご案内するときには、その商品の状態をしっかりと説明したうえでご購入いただくよう常に心がけています。また、書道を通した“書く”という経験を活かして、書き味についても自分なりにお伝えすることも意識していることです。お客様のこだわりにしっかりとお応えしていくことが信頼をつくっていくと思うので、これからも対応の一つひとつを大切にしていきたいですね。

  • ③IMG_4508(400×300)
  • ④IMG_4483(400×300)

入社してよかったこと、チャンスと感じること、今後の目標

  • ―入社してよかったと感じている事はありますか

    10年後こうなりたいと思える人に出会えたことです。トレーナーとして指導してくれた、現在の店長のことなんですが、筆記具業界の先輩としてはもちろん、私が経験してきた販売という分野でも学べることが多く、本当に尊敬できる方です。自分が目指すべき目標となる人がいるというのは、それだけでモチベーションが上がりますし、自然と成長していきたいと思えます。この出会いが入社して一番よかったと感じることかもしれません。

  • ―シュッピンはどんなチャンスがある会社だと思いますか

    自分がやりたいと思うことを全部できる会社だと思います。大きな企画に対しても、入社したばかりの私に意見を聞いてくれるほどオープンなので、どんどん自分のアイデアを発信することができます。また、ゆくゆくはリーダーなど役職へのステップアップを目指したいと相談しても、しっかりと上司がそこまでの道筋を説明して導いてくれます。自分らしくキャリアを積んでいくには、とてもよい環境が整った会社だと思いますね。

  • ―今後取り組んでいきたいことを教えてください

    まずは基本業務しっかりとできるようになること。そのうえで、やはりリーダーを目指していきたいですね。KINGDOM NOTEはシュッピンの中でも売り上げ規模が小さいブランドですが、もっと存在感を高めて、社内外からすごいねと言われる場所にしていきたいです。そのためには自分もステップアップして、リーダーという立場になってKINGDOM NOTEをどんどん盛り上げていきたいと思います。

  • ⑤IMG_4529(400×300)b