スマートフォン版で表示

広い視野を持って働くことで自身が思い描くキャリアに近づけるチャンスがたくさんある

広い視野を持って働くことで自身が思い描くキャリアに近づけるチャンスがたくさんある

h_interview01

グローバル戦略部
2015年入社

T.K.

応募のきっかけ、入社を決めた理由

  • 応募の動機

    私は台湾出身で日本の専門学校を卒業後、年齢や国籍に関係なく技術やセンスが評価されるサウンドエンジニアの仕事をしていました。次のキャリアステップを考えた時、自分が外国人であることをアドバンテージにできる場所で働きたいと考えました。
    そんな折、学生時代から利用しているMap Cameraで買い物をした際に、店舗に外国語が堪能なスタッフが少ないことに気付きました。ここなら英語・中国語・日本語を話せる強みを活かせるはずと思い、応募を決めました。

  • 会社選びのスタンス

    語学能力が活かせる場であることは大きなポイントでした。加えて、長く働く環境として東証一部上場企業であることは安心感がありました。その点で内定が貰えたら入社しようと決めていました。また、面接では仕事内容や、外国人のお客様について、積極的に質問をし、自分のスキルが活かせる環境だと確信を持てたことも大きかったです。

  • 入社前の当社のイメージ

    「中古カメラ店」といえば、雑多に在庫が並び専門知識だけで売っているイメージがありました。しかし、Map Cameraは中古商品のランク付けもしっかりしていて、お客様と真摯に向き合っている印象を強く持ちました。また、詳しい商品のご案内や、タイミングを見計らったお声掛け、お客様に合わせた臨機応変な接客をスタッフも楽しんでいるように映りました。
    また、面接官がとにかく親切で、説明も分かりやすく、気持ちよく面接を受けることができ、ユーザー目線からのイメージの乖離がなかったこともよく覚えています。

  • IMG_7200

業務内容、仕事で大切にしていること

  • キャリアの流れ

    店舗で1年程働いた後、社内公募を利用し、新設のグローバル戦略部に異動しました。店舗で接客販売していた当初は知識不足や、丁寧な日本語での接客が出来ていませんでしたが、お客様との接点を増やしながら、知識・スキルともに身に付けることができました。どの言語でも分かりやすい説明ができるよう、自分でセールストーク集も作りました。また、個人ノルマはなく、チームの目標を達成するために他メンバーと協力していくスタイルなので、相互に支え合える関係を築く事が出来ました。
    グローバル戦略部は、より語学力を活かし、海外展開という重要な業務を担えるため、是非挑戦したいと感じ、社内公募に応募をしました。一方で新設部門という事もあり不安もありましたが、挑戦したい気持ちが勝り、挑戦した事でチャンスを掴めたと感じています。

  • 現在の担当業務

    1つ目は、Map Cameraのお客様が写真を楽しむ場として利用されるフォトシェアリングサイト「EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com」の運営です。問い合わせ対応やバナー、ページのデザイン、ブログやSNSの更新などを担当しています。
    2つ目は、海外からの商品購入を可能とする越境ECの事業の立ち上げです。社内システムや社内手続きの準備を進め、今後はカスタマーサービス、商品管理を行っていく予定です。

  • 仕事で大切にしていること

    何事にも主体的に挑戦する気持ちを持ち、様々な角度から業務を眺めることを大切にしています。新設部門なので、他部門との連携、対外的な業務も多いので、上手く相乗効果を生み出せるよう、関係作りも大切にしています。

  • IMG_7181

入社してよかったこと、チャンスと感じること、今後の目標

  • 入社してよかったこと

    まさか、自分が担当することになるとはという新たな業務にもチャレンジできることです。例えば、WEB制作の知識がない中で、ランディングページの作成等の生きた経験が出来る事は、様々な気付きを得ることにもなりますし、成長を実感することにも繋がっています。

  • どんなチャンスがある

    新設のグローバル戦略部の立ち上げに参加できたことは、まさしくチャンスを掴んだと言えると思います。新設部門以外の他部署でも、広い視野を持って働くことで自身が思い描くキャリアに近づけるチャンスがたくさんある会社だと思います。

  • 今後チャレンジしたいこと

    将来的にマネジメントに携わり、部下が自分の個性を発揮して働ける環境を今以上に作れるようにしたいと思っています。また、私自身は外国人という点を、アドバンテージとできるよう考えてきましたが、それぞれの個性を活かしつつ、様々な道があっていいと考える様にもなりました。何れにしても主体的に働くことで、自分を成長させるチャンスがある会社の文化は引き続き伝えていきたいと考えています。

  • IMG_7205