スマートフォン版で表示

ディスクロージャーポリシー

基本方針

シュッピン株式会社(以下、「当社」)は、株主・投資家の皆様をはじめとするステークホルダーとの対話を行い、企業価値の適切な評価を得ることが健全な経営推進のために不可欠と考えており、公平で透明性の高い情報開示を重要な責務と位置付けています。
公平な情報提供のため、東京証券取引所が定める適時開示規則に準拠した情報を迅速に公開いたします。また、当社判断により、当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、適時適切な開示を行うよう努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する重要情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。公開した情報は、可及的速やかに当社IRサイト上に掲載しています。また、適時開示規則に該当しない情報でも、投資判断に有益と認められる経営戦略、ガバナンスに係る情報等はできる限り積極的かつ公平に開示します。

将来の見通しに関して

業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

サイレント期間について

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として、四半期ごとの決算において、決算期日の翌日から決算発表までの間は、「サイレント期間」とし、決算に関する質問については回答を差し控えさせていただいております。ただし、このサイレント期間中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示してまいります。なお、サイレント期間中であっても、すでに公表されている情報に関するご質問については対応いたします。

その他

当社IRサイト上で情報をご覧いただく際には、本ディスクロージャーポリシーに加えて、別途掲載している免責条項も合わせてご参照ください。

  • 開く